アメリカ旅行をする前に現地で使える携帯を用意する方法とは

パスポートとアメリカドル

語学力に自信がない場合はアメリカで使う携帯は国内契約で

手に持ったスマホ

渡米する人の誰もが英語が得意というわけではありません。出張の場合はさておき、語学留学目的でアメリカに渡る場合は、むしろ苦手な英語を何とかしたくて渡航する人が大半でしょう。英語に不自由している状態で、アメリカで使う携帯電話を現地調達するのは、少々ハードルが高いと言わざるを得ません。プラン内容も契約内容も、全て英語で確認しなければならないためです。また、現地の携帯会社とのコミュニケーションも英語になるので、ますます不安という人も多いでしょう。
そのような方に特におすすめしたいのは、業者プランに申込をして、アメリカの携帯電話を日本国内で契約してしまうことです。お手持ちの携帯電話端末がアメリカでも利用可能なタイプなら、アメリカSIMカードのみを入手する初期費用が安い業者プランに申込出来ます。留学資金がギリギリで、アメリカでの携帯電話利用料を出来る限りリーズナブルにしたいと希望しているなら、国内契約でこのようなプランを活用するのが最善の策でしょう。
お手持ちの携帯端末がアメリカで使えない場合は、新しい端末を購入することになります。その場合、出来るだけ早めにプラン申込をして端末を入手し、扱い方に慣れるようにしておくと便利でしょう。

携帯電話をアメリカで使いたい場合の選択肢

旅行や出張でアメリカに行く必要がある場合、現地での連絡手段として携帯電話を使いたい人は多いでしょう。普段から国内で使っている携帯電話を、そのまま持参してアメリカで使うことが出来れば、その機種に慣れていて操作が楽なので、一番便利です。しかし、残念ながら、国内で使っている携帯電話は、そのまま何の手も打たずにアメリカで使うことはできません。少なくとも、アメリカSIMカードを入手する必要があります。
他に、アメリカで携帯電話を利用できるようにする方法としては、アメリカ渡航後に向こうの携帯電話サービス利用の契約をするか、国内契約でアメリカで利用できる端末ごと購入するかなどが考えられます。費用面で一番お得なのは、アメリカの携帯電話を日本国内で契約できる業者プランの中で、アメリカSIMカードのみ購入し、かつ利用量も控えめの格安プランでしょう。渡米後に現地携帯電話サービスプランを利用すると、利用料金が安いものがあまり見つからず、結局割高のプランを利用するしかないケースも多いです。国内契約であれば、格安プランも使える上に、契約プロセスを日本語でできるメリットもあるので、トータルで見れば、利便性もコスパもいいと言えるでしょう。

言葉の障壁に悩まされずに国内で契約できるアメリカ携帯

渡米が決まって現地で使う携帯電話の手配方法を検討中なら、まずは自分の英語力で問題なく英語の契約手続きが可能かどうかを考えてみるといいでしょう。アメリカへわたってから携帯電話の手配をする場合、プラン内容を理解して、契約条件、支払いについてなど詳細を英語で記載された契約書を読みこなす等、全て英語で対処しなければなりません。英語力に難がある場合に特に不安なのは、契約内容によく理解できない部分があっても、英語で問い合わせする自信がなく、うやむやなままで契約してしまうことです。また、アメリカで携帯を調達すると、割高なプランが多くて請求金額の高さに悩まされるケースも多いです。
実は、安く利用できて、かつ日本語で契約できるアメリカ携帯もあります。専門業者プランを利用して、アメリカの携帯電話を日本国内で契約し、かつ、端末やアメリカSIMカードを国内で受領してから渡航できる便利なプランです。お手持ちの携帯電話の端末がアメリカで利用できる種類のものなら、アメリカSIMカードのみ入手することになり、初期費用は破格の安さになります。契約前のプラン検討、問い合わせ、業者への相談など、全て日本語で処理できるため、何の不安もなく契約できるのでおすすめです。

安心の日本語サポートが付いているアメリカ携帯ならHanaCell(ハナセル)にお任せください。出来るだけコストダウンしたい方にはオススメの専門業者です。

ARTICLE

NEW ARTICLE